読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゅん太郎のよかった日記

やってよかった。知ってよかった。行ってよかった。食べてよかった。

今日は、一転、和菓子の話題

f:id:juntarox:20161205230656j:plain

今日のいただきもの

京都・俵屋吉富の「柚子琥珀」です。

妻のお土産です。

柚子が福岡県東峰村産とあったので、妻のメガネにかなったのでしょう。

我が家では、東日本の柚子はNGなので・・・

本来は、お茶受けでしょうが、我が家では、コーヒーのお供になりました。

琥珀というと、砂糖のザラッとした感じを想起しますが、

こちらは、さすが京都とでもいうべきか、

口当たり、食感共に柔らかく、丁寧な作りを感じさせます。

中のゼリーも思ったより柔らかく、非常に上品な味でした。

やはり、和菓子は、近畿圏が一枚上手ですね。

 

やはり和菓子は・・・

私は、デパートに勤めていたので、

和菓子は、だいたいのものは食べています。

全国の菓子を食べてみた中では、

やはり和菓子は関西・特に京都のものが垢抜けているというか、

うまいというか・・まあ、好みは人それぞれですが 

あんが違うような気がします。

 

和菓子の思い出といえば

ところで、和菓子で思い出しましたが、

今日、NHKの「鶴瓶の家族で乾杯」という番組で、

奈良の大宇陀をやっていましたね。行ったことがあるので、

みたかったのですが、見逃してしまいました。

以前、大宇陀の「きみごろも」という和菓子が食べてみたくて、

わざわざ出かけて行きました。古い町並みの静かな町という印象。

ここは、真田丸でおなじみの「後藤又兵衛」ゆかりの又兵衛桜という

大変立派な桜があります。その時にこれもみに行って、とても感動しました。

遠くからでも、それとわかるほど巨大な桜が一本立っている姿は

理屈抜きで感動的です。ぜひ、満開の時に行ってみてください。

 

又兵衛の気持ち?

今日の朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」で大急百貨店の社長が印象的な言葉を言っていました。私も百貨店勤務でしたので、心に残りました。それは、

「(仕事で)多くの人に会い、何千のものを毎日扱っていると、合理主義の考えになり

何か大事なものを忘れてしまう」というようなことを言っていました。

私も、会社を辞めるにあたっては、そんな気持ちになり、言いたいことがよくわかる

気がしました。

後藤又兵衛も大阪の参陣する際には、今までの人生を振り返り、心のどこかにそんな

気持ちもあったかもしれないとふと思った次第です。

 

今日のわかった

今日は、話がまとまりませんが、

やっぱり和菓子は京都!という落ちにします。