読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゅん太郎のよかった日記

やってよかった。知ってよかった。行ってよかった。食べてよかった。

古着屋に売りに行った

昨日の続きです。年末大処分市

昨日処分しようと、出しておいた衣類とカバンを、近所の古着屋に持って行った。

ここは、意外と便利で、サラリーマン時代もたま〜に、ネクタイを150円くらいで買ってきたりして、掘り出しものに当たると重宝する店だ。

ネクタイも消耗品なので、デザインがまあ良ければ、問題はないからね。

会社でも、何も言われたことないので、多分問題はないと思う。

紙の手提げ袋に衣類2袋、と小さなカバン1袋、ビジネスバック1個

全部でいくらになるかな?結構くたびれてるから、ハードオフなら、0円だろうなぁ、などと考えながら

店に入った。

 

久しぶりの店内

久しぶりに行ったこの店の店内は、近所のおばあちゃんたちで賑わっていた。

勝手な予想だが、年金暮らしのささやかな楽しみか。

でも、楽しいよね。私は嫌いじゃないんです、こういうところ。

気持ちがわかってしまう、自分に情けなさを感じつつ、受付へ。

昨日1−2時間かかって整理したものたちを持って、受け付けへいく。

「いらっしゃいませ。今日は初めてですか?」と笑顔の店員さん。

「いえ、妻の会員カードあります。」

「では、こちらに名前と電話と住所を記入してください。」

「はい、では7番の番号呼ばれましたら、このカウンターへお越しください。」

と7番の番号札と、当日限り有効の50%割引券」をもらった。

 

査定の結果を待つ。

店内の商品を物色しながら査定の結果を待つ。

服だけでなく、靴やカバン、帽子やぬいぐるみ、文房具まで結構バラエティに富む。

意外と広く場所をとっているのが、着物。和服(呉服?)でした。

みなさん、和服持ってるなんて、お金があるんですね、おばあちゃんの形見かな。

結構いろいろな着物が出ていて面白い。

「7番の番号札をお持ちのお客様。査定カウンターへお越しください」

とのアナウンスがあり、カウンターへ。すると店員さんは。

「あれ、3番ではないですか?私7番って言いましたか?」ときた。

この店員大丈夫か?3と7言い間違えてるよ。と少し不安になりました。

 

さていくらになったかな

今度は、本当に呼ばれて、カウンターに行くと、

さっきと違うやや目つきの鋭い女の人が、

「これが査定です。よろしかったらここにサインをしてください。」

「サインをすると、商品はもう返せません。」

と脅すようにのたまわった。

金額は、250円でした。

しかも、「カバンは引き取れません。」だと。カバンは返品されました。

 

今日のよかった

こんな時、いつも思うのは、

安すぎないか?

昨日の労働と今日の運搬の対価にしては安い!

と思ってしまう。確かにガソリン代も出ないかも。

でも、燃やしてしまうより、世の中のどこかでこれからも役に立つと思うと

よかった。というよりも、

0円でなくてよかったのだ。