読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゅん太郎のよかった日記

やってよかった。知ってよかった。行ってよかった。食べてよかった。

元日はサッカーで決まりですよね アントラーズおめでとう

日記 サッカー

元旦の儀式

先日のブログで元旦に初日の出を見に行ったことを書きましたが、中学生の時は、帰ってから年賀状チェックして、午後はテレビで天皇杯をみると決めてました。

当時は、元旦は、いろいろ店が開いていなかったのでそれが正月のいつもの過ごし方でした。今は、いろいろ店があいているので、過ごし方の幅も広がっています。

私は、今年は、買い物に行ってしまったので、サッカー観戦は、出先の喫茶店のテレビで少し観戦できました。去年までは、もちろん働いていました。

テレビで試合を見たのは、延長に入る少し前だけでしたが。いい試合なのが伝わって来ました。

自分の見たところ、鹿島が勝ちそうな予感でしたが、川崎にも勝たせてあげたいそんな感じ。

昔は正月の過ごし方は、テレビが王道でした。

正月というと今のように店が開いていなかったので、この期間は、サッカーやらラグビーやら駅伝やらでスポーツ三昧でした。

私も、当時は、スポーツの作り出す物語にどっぷりつかっていました。今は、試合も、やや冷静に見てますが、やはりいい試合は心動かされます。

正月はスポーツが目白押しなのでやはり楽しかったです。

久しぶりに好試合みせてもらいました。

外出先でちらっとみて、面白そうだったので、今日改めて、録画でゆっくり試合を見ました。

鹿島アントラーズ川崎フロンターレも気合が入った、好勝負でした。

負けたフロンターレの小林選手のシュートも魂が入ってました。あと一本が入らなかったのは残念でした。また、とくに感動したのは、小笠原選手の存在感です。試合序盤でフロンターレペースになりかけたところ、エキサイトしてチームを奮い立たせていました。あれで流れがガラッと変わり、いつの間にかイーブンな展開へ。そして鹿島ペースへと雰囲気が変わっていきました。

不思議な力を感じました。やはり小笠原選手は、素晴らしい選手ですね。

今年は、やることがたくさん

さて、天皇杯もおわり

平成29年も始まりました。

妻は今日から仕事で、頑張ってくれています。

今年一年やらねばならぬことがあまたあり

大変な一年になりそうですが

焦らず確実に前進できればと思っています。

去年の年始には、今年の正月に

このようにのんびりした正月を過ごすとは全く思っていなかったので、今年もまた、来年に向け、いい意味でサプライズを起こせたら良いなとおもいます。

今日のよかった

3が日平和にのんびり過ごしました。

サッカーもいい試合みせてもらい、

今年のJリーグがとてもたのしみになりました。

ありがとう、アントラーズフロンターレの皆さん。